CAJON

サイトウグンマのカホン

  • HOME
  • 打楽器カホン

子供と楽しむ時間、取れていますか?

お家の中で、気軽に楽しめる楽器のアガレカホンをご紹介します。

木箱から溢れる多彩な音色。子供・大人が片手で持ち運べて演奏できる、人気急上昇のコンパクトな打楽器アガレカホン(オリジナル商品)を発表してサイトウグンマはグッドデザイン賞を初受賞しました。アガレカホンは小さくて、デザインにも工夫してるので、だれでもかんたんに遊べるのが人気の理由です。

「カホン」とは

 

「カホン」とは、南米発祥の箱型木製打楽器です。

高さは約50cmくらいのものが一般のカホンです。これひとつで、Rock,Jazzなど様々なジャンルにあう人気の楽器です。

シンプルな構造ながらバスドラムのような低い音から高く鋭い音までを出すことができる優れものです。

サイトウグンマのカホン

一般のカホンの多くが、音を伝えるための穴と、箱の中に弦が入っています。弊社のカホンにはスナッピーを取り付けており、叩くと独特の病みつきになる音色が響き渡ります。一般のカホンの木が固く乾いたタイトな発音でなく、木が柔くまろやかで太い発音です。弦の場合は緩んだり切れたりしますが、スナッピーは、メンテナンス不要で初心者でも心配なく長期的にご利用いただけます。岡本真夜さんのツアーや柴咲コウさんの曲中でも演奏されたこともあります。

日本国内だけでなく、海外のプロ・アーティストにもご愛用いただいております。

アガレカホンの特徴

カホンの説明

コンパクト

車の移動中、カラオケのお供など気軽に持ち運べて演奏可能。
コンパクトながら、国内外のプロ・アーティストからも大好評です。

無塗装

無塗装なので、寄せ書きや絵を描いたりなど、世界に一つだけのオリジナルカホンにできます。

やわらかいので、手が痛くなるという打楽器の欠点がなく赤ちゃんもできます。

多彩なクセになる音色

叩く場所・強さ・叩き方によって、音が変化し、空間を明るくします。
難しい技術は全く必要ありません。

場所の制限がない

膝にのせて・卓上で・片手で、楽しく演奏ができます。

「音楽」が子供にもたらす影響

言語能力・想像力・知能の向上

音楽は様々なメロディやリズムで構成されているため非常に複雑です。そのような複雑な音の羅列である音楽をシャワーのように浴びることで音を聞き取る力が向上、脳に刺激がいき、健やかに成長します。

演奏させるとさらに効果的

音楽を聴くだけでなく、実際に楽器などを演奏した場合の方が神経伝達能力が向上します。
演奏を通して主体的に音楽に関わることは、脳に良い効果・刺激になります。

自然塗料・無塗装の製品に関して

無塗装や自然塗料で木の呼吸・柔らかさを大切にしています。

石油系の樹脂で木を覆い隠さない為、表面に凸凹や小傷、色剥げ等がある場合がります。
本製品はこれが本来の民族打楽器カホンと捉えており、使用上問題がなければ合格品として販売しております。
予めご了承ください。

サイトウグンマのペルーカホン

サイトウグンマのカホンは自然塗料

一般的な石油系樹脂塗料の製品より、環境に優しいのが特徴です。

お部屋に置くだけで有害なウイルスを吸着無害化する柿渋の座るペルーカホンは、年月を重ねて柿渋の色合いが変化してもその性能は変わらない。
触ると世界中のバーチ(白樺)打面で一番やわらかく、沈み込む心地よい木の感触。
暖かく深い森のような低音、痛快無比の高音、明るいバズ音。己と仲間の理想を極めた音。
ホール側も薄い打面で、キューバカホンの明るいラテン系の音。ワールドミュージックの音。
ホールからの群馬県みなかみ町の間伐材原料の和精油・アロマの香りに、心が安らぐ。
ペルーカホンを座って叩く楽器から、あるだけで心安らぐ美しい木箱(カホン)にしませんか?

群馬県の森の間伐材原料の和精油の香り

ユネスコエコパークに認定された自然溢れる群馬県みなかみ町の小さな工房で和精油を中心に蒸留し、採れた精油をサイトウグンマのカホンのホールに塗布。自然の香りを通して、群馬県みなかみ町とお客様をつなぐことが出来れば幸いです。

大切な人への贈り物に、グッドデザインのカホン


レーザー彫刻機を活用することで、カホンに文字やイラストなどが入れることができます。
地球を汚染する樹脂塗料を使わず、複雑な模様のオリジナルデザインも焼き入れできます。
人生にはいくつものお祝いの場面があり、贈り物と言えば木の玩具は海外ものではないでしょうか?
群馬県の安心安全なこだわりのカホンにメッセージを入れて、贈り物にしていただけたら幸いです。
送られた相手は、きっと見て笑顔になり、叩いて笑顔になるでしょう。

カホンのサブスクリプション

関係リンク

グッドデザイン賞

高崎で暮らす

柿渋トミヤマ

Licca

高崎で暮らす